Month: 3月 2018

東京の築地場外市場火災は地震火災の脅威を増しました

先日東京の築地場外市場内で火災が発生し,数多くの建物が焼けたようです。
築地場外市場は毎年青森の大間マグロを最高値で落札して話題になる寿司店や海産物食料品店などがずらりと軒を並べており,近年では外国人観光客の人気スポットにもなっています。
古い木造建築物なので火災が発生すると速いスピードで延焼してしまい,今回も被害が拡がったのでしょう。
火災のリスクは将来発生が懸念される首都直下地震の際には一番危惧されている事です。
環状7号線沿いや下町の住宅密集地などは古い木造住宅が多く,ひとたび火の手が上がれば瞬く間に燃え広がり,時には火災旋風となって周辺を焼き尽くすとシュミレーションされています。
建物のみならず逃げ場を失う人的被害も甚大と想定されているこの問題は,東京都の大きな課題と言えるでしょう。
東京都のみならず地方でも住宅密集地では同じようなリスクがあると想定されます。日本全体の問題とも言えるでしょう。http://www.fndg.co/entry2.html

ルーズ系ヘアをボサボサにならないように作るコツ

ルーズ感のあるヘアスタイルは今の流行であり、こなれ感が出てとても素敵ですよね。
しかし、自分でするとなかなかルーズ感が綺麗に出ず、ボサボサになってしまう、という人も多いのではないでしょうか。
今回は綺麗にルーズ系ヘアを作るためのコツをお教えします。
基本的には黒髪よりも茶髪の方がルーズ系のヘアには適しています。同じように空気感を出しても、黒髪だと重く感じるために、ただのボサボサになりかねないのです。
そして、ルーズ感を綺麗に作るポイントとしては先に髪を巻いておくことと、引き出す時に空いている反対の手で毛束の根本を押さえることです。
先に髪を巻いておくと、ピンピンと出てくる毛がなくなり、出てきたとしても既にカールがついているので、ボサボサには見えません。
また、引き出す時に片手で無理に引き出そうとすると、引っ張る力が強いために変に出すぎてしまって、調整が難しいのです。
ゴムやピンで留まっている根元を押さえる、というポイントを掴むだけで仕上がりには差が出てきます。
ポイントを知って、ルーズ系のヘアスタイルもマスターしてみてはいかがでしょうか。