電流の事について修練しました。電流が流れていないとき、電子は不確かの道のりに動き回っているので、全体としては電気のキロは安いだ。電流が流れているときは、電子は+極に引きよせられるので、−極から+極に向かって動きます。電流の道のりと電子の溢れる道のりがちがうのは、雷公は電気ですことを論証した真面目リンが、+の電気を有する物体は電気が過剰であり、−の電気を秘める物体は電気が不足していると考えたためです。次は、電流合計についてだ。用法は、直貸し出しを用います。+端子を電流の+極側に、−端子を電源の−極側につなぎます(電流のがたいがわからないときは、−端子は最大の数値の端子を扱う)。回路のはかろうとする部分に直列につなぎます。注意することは、電流合計を電池や電源用品に直接的つないだり、回路に並列につながないことです。電流の事について修練をしましたが、久々の称号なども出てきたので復習みたいな感じでできて良かったです。