ガスの捕集法などについて学習しました。まず最初は、上位動き法だ。集まるガスの資質は水に溶け易く、情勢よりも密度がしょうもないだ。集まるガスは、アンモニアなどだ。ガスを捕集する器の奥の方までガスの浮き出るガラス管の縁を入れておくことです。次は、下方動き法についてだ。集まるガスの資質は水に溶け易く、情勢よりも密度が大きいです。集まるガスは塩素、塩化水素、硫化水素、二酸化硫黄、二酸化炭素などだ。下方動き法も上位動き法と同じく、ガスを捕集する器の奥の方までガスの浮き出るガラス管の縁を入れておくことです。塩素には、漂白リアクションがあり、色あいが消えます。アンモニアをつめたフラスコに少しの水を加えるとアンモニアは一瞬で溶け、ビーカーの液が噴水となってでます。フェノールフタレイン液は、アルカリ性で赤色になります。このようなことを学習しましたが、知らないこともあったので知れて良かったです。急ぎ お金 借りる